1. ホーム
  2. ミュージックバード専用CSチューナ
  3. C-T100CS




     ¥213,840(税込、送料無料)




本格派のための高音質「音楽専門」衛星デジタルラジオ
24ビット放送対応で、よりリアルな音に再現
リザーブⅡ電源搭載 "C-T100CS" 新登場
  • 電解コンデンサーの充放電時に流れる間欠電流のピークを抑えるリザーブ電源Ⅱを搭載
  • 24ビット放送にも対応
  • C-T1CSで実績のある高音質24bit・DAコンバータICをL、R専用にデュアルモノで搭載
  • サンプリングレートコンバータ回路を搭載。サンプリング周波数を96kHzにアップコンバートして楽しむことができます
  • チューナ系にもアナログ電源回路を採用。音質に影響のあるノイズを極力排除
  • 音楽信号系のデジタル処理(サンプリングレートコンバーター、DAC)のマスタークロックは外部から入力できます
  • アナログ回路には全FET構成のOPアンプIC、OSコンデンサー、高音質フィルムコンデンサーなど、音質に拘った部品を使用しています
  • 現行チューナの多彩なプログラム機能(タイマーなど)も継承
  • フロントパネルは梨地を施したアルミ削り出しパネルを採用
  • 振動対策として、3点接地 + 真鍮削り出し大型インシュレーターを採用
  • SPDIF同軸入力を搭載。本機のオーディオ部をDAコンバータとして使用可能
  • リモコン操作も可能


  • ●音楽乃友社発行の雑誌「Stereo」2016年11月号にC-T100CSが紹介されました。







         ・ご不明な点はお問合せフォームよりお問い合わせください。


    ◆名機A-10の思想を受継いだリザーブⅡ電源搭載
    一般的な電源では交流をダイオードで整流後、大容量の電解コンデンサーを入れてリップルの少ない直流に変換しています。しかし負荷がかかると、電解コンデンサーは充放電を繰り返し、 その時の充電電流として間欠的に鋭いピーク電流が流れます。 これが音楽信号とともに変調されて音に影響を与えます。 リザーブⅡ電源回路は常にリザーブ電源からエネルギーを供給することで、この間欠的に流れるピーク電流を小さくして、音への影響を最小限にしています。
    → 詳細な技術説明は「PS-12VR」の「技術説明」ページへ

    ◆C-T1CSの高音質を更に進化したアナログ部
    デジタル系とアナログ系の分離、デジタル部をシール板で覆うなど、デジタルノイズの影響を最小限にしています。
    オーディオ基板では部品の見直しをし、DAC周辺のコンデンサーはOSコンデンサ(高分子アルミ個体電解コンデンサ)を多用し、抵抗は金属皮膜抵抗に変更、さらにLPF部のICはLT1116にするなどで、更に進化した音となりました。
    もちろんDACはLとR用を2個使用したデュアルモノ構成です。

    ◆96kHz対応機器にもシームレスに接続可能
    本機はリアパネルのスイッチで内部クロックモードでは48kHzと96kHzの2種類から選択できます。 96kHzモードではデジタル音声出力部だけでなく、アナログ出力部もサンプリング周波数96kHzにアップコンバートされた音声出力でお楽しみ頂けます(内部動作モードの時)。 また、デジタル音声出力と48kHz/96kHzデジタル音声入力対応のUSBオーディオデバイスなどと接続すれば、ミュージックバードのデジタルエアチェックが楽しめます。

    ◆外部クロック入力対応
    オーディオ機器ではその音質を左右すると言われているクロック信号の生成は通常水晶発振器が担います。 本機に搭載の水晶発振器は非常に高精度なものを搭載しておりますが、更なる音の追求を目指す方にも楽しんで頂けるよう、 外部クロック入力機能を実装しました。当社製ルビジウムクロックジェネレーターRB-2のほか、12.288MHzのマスタークロック出力のある機器と接続可能です。 なお、外部クロック入力でご使用の場合、チューナ内部の動作モードは48kHzサンプリングモードに固定されます。

    ◆簡易デジタル入力機能を実装
    本機の高音質のDAコンバータでお楽しみ頂けるようデジタル同軸入力を実装しました。リアパネルのスイッチを外部(ON)側にし、 外部のデジタル機器のデジタル同軸出力(SPDIF)と接続することで、C-T100
    CSをDAコンバータとしてお楽しみ頂けます。
    (注:簡易DAC機能を使用するときは本機のアンテナ端子にで同軸ケ
     ーブル(アンテナ)が接続されていることが必要です)


    ◆脚にも拘る振動対策、高級感溢れるデザイン
    本機の筐体は真鍮削り出しの3個の大型脚に支えられています。オーディオ機器に伝わる振動や発せられる振動は結果的にノイズとして音に現れてきます。 3点設置は全ての点が必ず設置面と接触し、真鍮が持つしなやかさで、不要振動の影響を極力避ける構造になっています。
    フロントはシボ加工(梨地)を施した5mmm厚のアルミ削り出しパネルにし、高級感のありながら落ち着いたデザインとしました。
    ・画像をクリックすると大きくなります。










    受信範囲 JCSAT-2A 950MHz~2,150MHz(2MHzステップ)
    入力端子 アンテナ F型コネクター 1系統
    外部クロック BNC端子 1系統
    (12.288MHz マスタークロック入力)
    同軸デジタル RCA端子 1系統 (SPDIF)
    (注:アンテナ端子に同軸ケーブルが接続されて
     いる必要があります)
    音声出力端子 アナログ RCA端子 ステレオ2系統(2Vrms)
    同軸デジタル RCA端子 1系統 (SPDIF)
    光デジタル トスリンク 2系統 (SPDIF)
    D/A変換部 48kHz/96kHz、S/N比120dB
    内部動作モード サンプリング周波数:48kHzと 96kHzから選択(工場出荷時48kHz)
    電源 AC100V 50/60Hz
    消費電流 14W
    外形寸法 幅430mm 高さ 90mm 奥行340mm
    質量 7.8kg
    付属品 リモコン、電源ケーブル、ステレオピンコード、 取扱説明書、スマートカード
     ・仕様は改良のため予告なく変更する場合があります。

    ◆24bitと16bitについて」

    ミュージックバードでは2016年10月から、一部の番組で量子化ビットが24bitの音楽を放送しています。 本機(C-T100CS)はこの24bit放送に対応しています。

    量子化ビットの24bitと16bitはどこが違うのでしょうか?
    量子化ビット数とは、音楽ソースの音の大きさをを何段階で表現できるかを示した値です。所謂分解能(きめ細かさ)です。この値が大きいほど、本来の音楽ソースに近いデータとなります。
    分解能は16bitでは2の16乗で65,536段階、24bitでは2の24乗で16,777,216段階になります。16bitと24bitの分解能の差は実に256倍になります。16bitと比較すると、24bitのデータは音源に近づいた音を再現していることになります。


    「ハイレゾ」音源とは
    JEITA(電子情報技術産業協会)が「ハイレゾ」を定義していて、「CDスペック(44.1
    kHz/16bit)を上回るオーディオデータのこと」と書かれています。
    では、ミュージックバードの従来の放送(48kHz/16bit)は、ハイレゾ音源でしょうか?
    残念ながら「CDスペック」の中にはDVDやDAT(48kHz/16bit)も含まれますのでハイレゾとは言えないようです。
    今回の24ビット放送は16bitを超えていますので、立派なハイレゾ音源になります。
    24bitのリアルな音を「C-T100CS」でお楽しみください。

    ◆ミュージックバード(MUSIC BIRD)とは...

    ミュージックバードはTOKYO FMコミュニケーションズグループ 株式会社ミュージックバードが運営する音楽放送専門のCS放送サービスです。月額2,000円(税抜)で、クラシックやジャズ、洋楽、邦楽などのジャンルやBGMの利用シーンなどで区分された50ch(最大156ch)の音楽放送をご家庭でいつでもお楽しみ頂けます。 詳しくはミュージックバードホームページ(http://musicbird.jp)にてご確認ください。

    ミュージックバードの加入や、放送サービス内容に関するお問い合わせは・・・
    ミュージックバードカスタマーセンターへ
    ・電話:03-3221-9000

    (平日・日・祝)10:00~18:00(12:00~13:00除く)
    (土曜日、祝日の土曜日)休業

    ◆推奨アンテナ

    ミュージックバード専用アンテナ DMB4503
    大きさが45cmのパラボラアンテナです。局発周波数は11.3GHzです。
    仕様の詳細、および購入方法はミュージックバードホームページにてご確認ください。弊社でも取り扱っています。


    ◆C-T100CSのカタログ

    カタログ  Conclusion C-T100CS カタログデータ(約4.2MB)

    ◆C-T100CSの取扱説明書

    取扱説明書  Conclusion C-T100CS 取扱説明書データ(約2.4MB)


    ◆C-T100CSの紹介記事

    ●音楽乃友社発行の雑誌「Stereo」2016年11月号にC-T100CSが紹介されました。


    ◆商品(C-T100CS)に関するお問い合わせは...

    港北ネットワークサービス株式会社へ

    お問合せフォームよりお問い合わせください。
    ・電話:045-507-3091 (10:00~12:00、13:00~17:30、土/日/祝日休み)

    【お願い】お電話での問い合わせは即答できない場合があります。できるだけ「お問い
                  合わせフォーム」にてお願いします。