1. ホーム
  2. DAC改造サービス


         
CS-PCMチューナDAC改造サービス受付中



 CS-PCMチューナはミュージックバードのCS-PCM放送終了に伴い、CS-PCM放送用受信機としての役目は終わりました。ただ、長年聴いていたPCMチューナを捨てるのは忍びない、と思うユーザは多いのではないでしょうか?

 港北ネットワークサービス株式会社では、旧来のPCMチューナをCDプレーヤーなどと接続して引き続きご利用できるよう、D/Aコンバータへの改造サービスを提供しています。

 弊社はこれまで数多くのPCMチューナの修理業務を行ってきましたが、オーディオブームの時代を築いたPCMチューナには細部に渡り、高音質を実現する画期的な技術が盛り込まれており、その音質は現在でも十二分に通用します。
 弊社技術陣らも含めたPCM放送リスナーには、この停波は大変残念なことではありますが、高級PCMチューナーが奏でた音質をいつまでもお楽しみ頂けたらと存じます。

 【改造PCMチューナの使用例】
 同軸または光デジタル音声出力搭載の機器(CDプレーヤー等)に接続して使用します。



【お申込み方法へ】

サービス概要

サービス開始時期 現在、提供中です
改造後の仕様 ・デジタル同軸入力と光入力の2系統(サンプリング周波数:48kHz,44.1kHz,
 32kHz対応。96kHzも動作すること確認していますが保証外)
・チャンネルスイッチにより入力切替(DAC回路・電源回路・アナログ出力
 回路など主要回路は既存チューナーの仕様に準じます)
・入力とサンプリング周波数を7セグメントLEDで表示します(96kHz除く)
 (リモコンは操作できません)  
対象機種 アキュフェーズ:T-110CS
(他機種は対象外となりました)
価格

 51,220円

(税込。返却時の送料無料。なお、申込時の送料はご負担お願いします。)

サービス内容 ・経年劣化による動作不具合部品の検証/修復作業
・デジタルオーディオインターフェース基板(弊社オリジナル製品)の追加実
 装
・同軸/光デジタル音声入力端子の追加
・マイコン回路追加
・デエンファシス回路削除(f特調整)
制限事項 ・改造後もPCM放送は受信することができません
・入力コネクタを設けるためにリアパネルに加工を施します
・改造後、オリジナルの状態に戻すことはできません
・リモコンをご利用できなくなります
お願い

改造作業は慎重に行いますが、セットを完全に分解するため、作業中にキズが付く場合があります。特に機構部品は修正が困難なため代替部品と交換して対応することがあります。 予めご了解の上、お申込みお願いします


◆Accuphase T-110CSの改造例
  • 外部から入力されたデジタルオーディオ信号(SPDIF)は、DAI(Digital Audio Interface)部を通ってT-110CSに搭載のMMB(Multiple Multi-Bit)方式のD/Aコンバーター部に接続します。この入力部とDAI部を新規追加します。
  • 入力切換えやLED表示はマイコンで制御します。
  • 切り換え用ボタンと表示類はオリジナルを流用します。
  • PCM放送はエンファシスが掛けられていましたので、その周辺回路の一部を変更し周波数特性をフラットにします。
  • PCMチューナ部は不要なので使用しません。
  

  • 入力は光または同軸の2系統を切換えできます。
  • 入力選択は「UP/DOWN」ボタンで切り換えます。
  • 選択した入力は数字(1 or 2)で表示されます。(「1」が同軸入力、「2」が光入力)
  • 「LEVEL」ボタンを押すと、入力されているデジタルオーディオ信号のサンプリング周波数を数字で表示します。(写真は48kHzのサンプリング周波数を表示、表示は32、44、48の3通り、それ以外は「--」を表示)
  • サンプリング周波数表示状態のとき、「LEVEL」LEDが点灯します。
  • 入力されたデジタルオーディオ信号にロックすると「DESCRAMBLE」LEDが点灯します。
  • エンファシスが掛けられたデジタルオーディオ信号が入力されると「STEREO」LEDが点灯します。なお、新規追加したDAI部ではエンファシスの検知のみで、デエンファシス回路は搭載していません。
  • デジタルオーディオ信号入力として同軸入力と光入力を新規に追加しました。(IDラベルの上)
  • 同軸入力はパルストランスで接続セットと絶縁されています。
  • PCMチューナ関係の「CS IF INPUT」、「CONVERTER POWER」、「VOLTAGE」、「BIT STREAM OUT」は使用できません。(チューナ部の基板は実装されていますが、電源は供給していません)
  • オリジナルのアナログ回路にはデエンファシス回路があり、そのままでは高域が極端に落ちます。一部定数を変更して周波数特性をフラットにしています。
  • アナログ出力はオリジナルのままです。
  • 同軸出力と光出力は、入力切換えで選択したデジタル信号が出力されます。

サービスの流れ
サービスの流れ


  お申込み

プライバシーポリシーにご同意いただいた上
下記ボタンよりお申し込みフォームへお進みください。

お申し込みフォームへ

ご不明な点はお問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。